命にふさわしい

1998年生まれの随筆とエッセイ

久しぶりにブログ書きます

 

数日前に19歳になりました

 

元太くんより年上になっちゃったなぁなんて

 

みんな色々考えていてみんな色々悩んでいるんだなって、最近思わされることが多くて

 

今まで自分のことばかり人に訴えていた自分が、本当に情けなくなりました

 

どうする?どうしたいの?どうすればいいの?と聞かれるたびに

 

「わからないよ。」と内心思うのが癖になりました

 

先のことを考える余裕がなくて、今に住み着いてる自分が嫌で

 

なんとか先へ進もうと藻搔いても全然進まなくて

 

そんな自分が大嫌いで

 

今でも嫌いです

 

 

外的変化と心境の変化がありました

 

10月に学校を辞めて

 

それからは病院と実家とアパートで自暴自棄になる繰り返し、思うように執筆活動も進まず、後ろ髪を引かれる毎日

 

今までで6番目くらいの地獄の日々だったかもしれません

 

盲目に生きすぎた気がしてます、この数年間

 

 

 

それで、もう再三言ったんですが学校の類はもう諦めます

 

育ちが良くて経済的に余裕のある人が専門学校、大学には向いてるみたいです(今更)

 

そうじゃない人もやっていけるかもしれませんが、自分には無理でした

 

何かを手に入れるために何かを手放す生き方を肯定していける人生を歩めたらいいのにな、なんて

 

学歴や将来を手放して、夢の実現を手に入れたいです

 

手にします

 

自分を信じて。

 

 

ぶっ壊れた心は治らないけど

 

友達や先生や今まで出会って優しくしてくれた人達の存在が今の自分の支えになってます

 

これがどんな薬よりも効きます

 

だから独りぼっちじゃないことを忘れない歳にしたいです。

 

時々出てくる腹黒い自分も普通の自分も優しい自分も全部上手くまとまればいいのになぁ。

 

 

 

 

 

 

ここらへんでお別れ。

 

じゃーね!